睡眠時無呼吸症候群

  • SASとは
  • OSASの検査
  • OSASの治療
  • インフォメーション
内視鏡検査のご案内
ペインクリニック
各種検査のご案内
通所リハビリテーション 状況に応じた介護サービスを
元気UPテラスおゆみの
おゆみの診療所 耳寄り健康教室
介護スタッフ求人詳細はこちら

携帯サイト

QRコード

携帯でご利用の際は、上記のQRコードからアクセスして下さい。

  • SASとは
  • OSASの検査
  • OSASの治療
  • インフォメーション

SASを一言でいえば、睡眠中に無呼吸を繰り返す病態の総称です。ここで"総称"と述べたのは、SASはさまざまな病態や病気によって引き起こされるからです。いずれにせよ、「10秒以上続く無呼吸が、一晩の睡眠中(7時間)に30回以上、もしくは睡眠1時間に平均5回以上認められ、かつその一部は、健康な人では最も規則正しい呼吸が観察できるnon-REM睡眠と呼ばれる睡眠中にも認める場合」は、すべてSASと定義しています。

SASに特有な症状や合併症は、無呼吸によって引き起こされる2つの重要な出来事に由来するといっても過言でないでしょう。すなわち、無呼吸のたびに患者さん本人はほとんど気づかない目覚め(=脳波上の覚醒)が起こり、良質な睡眠を得ることができず日中の眠気を引き起こすこと、無呼吸の間は肺での酸素の取り込みと炭酸ガスの排出が止まるため、血液の中の酸素不足や炭酸ガスの貯留が繰り返され、これがさまざまな臓器に対し悪影響を及ぼすこと、これがSASの根幹となる病態なのです。ですから、SASは、無呼吸の出現頻度が多くなるほど、または無呼吸の持続する時間が延びるほど、重症となるわけです。

おゆみの中央病院で睡眠時無呼吸症候群の検査を受けることができます。