お知らせ

内視鏡検査のご案内
ペインクリニック
各種検査のご案内
通所リハビリテーション 状況に応じた介護サービスを
元気UPテラスおゆみの
おゆみの診療所 耳寄り健康教室
介護スタッフ求人詳細はこちら

携帯サイト

QRコード

携帯でご利用の際は、上記のQRコードからアクセスして下さい。

トップページ > お知らせ > 内視鏡検査ご案内
内視鏡検査のご案内

大腸内視鏡検査【デジタルX線TV】

大腸内視鏡検査イメージ

大腸内視鏡(下部消化管)を新たに開始致しました。

肛門から直径10~12mmの内視鏡(ファイバースコープ)を挿入し、直腸から盲腸にいたる大腸の内部を観察します。大腸ポリープや大腸炎、大腸がんかいよう性大腸炎、結腸憩室症などの発見に役立ちます。

検査内容

大腸内視鏡検査イメージ

大腸内視鏡検査は、まず肛門から一番奥の盲腸まで挿入して、戻ってくる時に主に観察を行います。観察時には押す操作が少ないため苦痛はありません。
大腸の粘膜にみられる出血や炎症、ポリープ、がんなどを観察し、内視鏡の先端で切除することもできます。(ポリープ切除は手術となりますので、状態によっては総合病院等へ紹介させて頂く場合もございます。)粘膜の一部を採取して良性・悪性の検査もおこないます。

胃内視鏡検査

内視鏡イメージ

胃の不快感を放っておいていませんか?
おゆみの診療所では、上部内視鏡検査を行っています。
検査では、ファイバースコープを体内に挿入して、胃の中を実際に見ることで、胃炎、逆流性食道炎、胃潰瘍、ポリープ、胃がん、食道がん等の診断を行うことが可能です。

検査内容

内視鏡イメージ

【経口内視鏡検査】
マウスピースをして、口からカメラを挿入していきます。スプレー式の咽頭麻酔を行ったうえで実施いたしますので、吐き気なく(個人差があります)検査をお受け頂くことができます。

【経鼻内視鏡検査】
当院では、初めての方やご希望により、患者様の負担がより少ない(ファイバー径5mm)鼻からの挿入を行っております。こちらは検査中にも会話ができ、比較的苦痛が少ないと好評です。

検査の流れ

前日 夜九時以降、水以外の飲食はおやめください。
当日 朝食は、召し上がらないでください。
検査15~30分前に胃の中をきれいにする薬を飲みます。
検査は約10分です。検査後、医師から検査結果の説明があります。
検査後 約1時間程で食事や飲み物を召し上がれます。

内視鏡検査のご案内

胃内視鏡、大腸内視鏡、ピロリ検査のおよその費用になります。
(初診料、再診料などは別途必要です。自費は初診料、再診料を含む費用です。)

検査内容 1割負担 3割負担 3割負担 自費
大腸内視鏡
(検査のみ)
2,000円 4,000円 6,000円 20,000円
病理組織
検査あり
3,500円〜
4,500円
7,000円〜
9,000円
10,500円〜
13,500円
保険へ
大腸ポリープ
切除手術
5,000円〜
8,000円
10,000円〜
16,000円
15,000円〜
24,000円
保険へ
胃内視鏡
(検査のみ)
1,500円 3,000円 4,500円 15,000円
病理組織
検査あり
2,800円 5,600円 8,400円 保険へ
ピロリ菌検査 500円 1,000円 1,500円 5,500円

※表は目安となります。検査の組合わせにより金額が異なります。

※ピロリ菌検査、尿素呼気検査、その後の除菌において萎縮性胃炎、胃潰瘍などの症状がない場合は検査、薬局での処方等はすべて自費となります。予めご了承ください。

定期的な内視鏡検査を

40歳を過ぎたら内視鏡検査をお勧めします。
検査を定期的に受けることで、病態を早期に発見できるだけではなく、その予後にも大きな違いが生じます。このような理由から、40歳を過ぎたら胃の内視鏡検査をお勧めしています。

【おゆみの診療所 TEL:043-293-1500】