お知らせ

内視鏡検査のご案内
各種検査のご案内
通所リハビリテーション 状況に応じた介護サービスを
元気UPテラスおゆみの
おゆみの診療所 耳寄り健康教室
介護スタッフ求人詳細はこちら

携帯サイト

QRコード

携帯でご利用の際は、上記のQRコードからアクセスして下さい。

トップページ > お知らせ > 各種検査のご案内
栄養相談
見出し
生理検査室

心電図・ホルター心電図・血圧脈波・呼吸機能検査データを管理するシステムです。
オーダリングシステムと連携によりペーパーレス化を実現し、地球環境にやさしいエコ・ホスピタルを目指しています。
検査後のデータは電子化され、診察室の診療端末にハイレベルな臨床情報を転送し診断をサポートしています。
また電子カルテシステムを通じて院内のどこからでも検査データが参照でき、緊急を有する場合にも迅速な対応が可能となります。
もちろん検査データは高レベルのセキュリティによって安全に運用されています。

心電図検査システム

心電図検査では心臓全体の働きを調べ、心臓病の発見や診断、病状の把握、治療効果の確認などがわかります。
心電図検査は循環器疾患の診断には欠かせない検査であり、当院では世界の先端的医療施設で高く評価されている GE社製の高精度心電図検査システムを導入しています。

安静時心電図検査 (GE社製 心電計CardioSoft / MAC800)

心臓から発せられる微弱なす。心臓の動きに変化があると波形に変化が生じ、不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋症、心室電気信号を検出し、波形として記録するもので肥大などの診断を可能とします。

ホルター心電図検査(GE社製ホルター解析システムMARS/レコーダーSEER Light)


ホルター心電図検査は携帯型の記録器を使用して、仕事や運動中、睡眠時など24時間全ての心電図を記録し、日常生活の様々な状況における不整脈や虚血性心疾患、狭心症など心電図異常を見つけ出し、正確な循環器疾患の診断を可能とします。

心電図検査02

肺機能検査

肺機能検査とは?

肺機能検査01

肺機能検査とは、肺に入る空気の量や、 空気を吸ったり吐いたりする速さなどを調べる検査です。

一般的に、スパイロメーターと言われる器械を用いて検査します。

肺機能検査で何が分かるのか?肺機能検査02

肺機能検査は、肺や気道に違和感を感じる場合に行われます。
(息切れがする、咳が出る、痰が出る、呼吸が苦しいなど)
主に、ゆっくり呼吸して肺活量を測る検査と、一気に息を吐き出して、一秒量(一秒間にどれくらいの量を吐けるのか)を見る検査を行います。
これらの検査は、肺の病気の診断、重症度などを調べるのに必要不可欠で、また、薬の治療効果を見る場合にも使われます。
特に、気管支喘息の診断にはとても重要な検査になります。

肺年齢

肺年齢とは、同性・同年代の方と比べて、自分の肺がどの程度健康であるのかを知る指標として、日本呼吸器学会によって考えられました。

呼吸機能は、20歳前後をピークに、加齢と共に低下します。肺年齢を知ることで、肺の健康意識を高め、健康維持や禁煙指導、呼吸器疾患の早期発見・早期治療に活用することが出来ます。

長年にわたって喫煙をされている方は、見えないところで、肺や気管が悪くなっている可能性があります。
一度、健康診断などで、肺機能検査を受けてみて下さい。

血圧脈波検査

血圧脈波検査

当院では、血管の状態をみるための簡単な検査を行っています。
検査は両手、両足首の4 カ所の血圧を同時に測定するだけなので、気軽に受けられます。わずかな時間で測定することのできる、とても簡単な検査です。

動脈硬化とは?

血管の壁に脂肪などが沈着して厚くなり、血管の内腔(血液の通り道)が狭くなることや、血管の壁が硬くなり、弾力性(しなやかさ)が失われてもろく壊れやすい状態になることです。放っておくと、心疾患(狭心症・心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞・脳出血)などの大変な病気を引き起こす恐れがあります。

動脈硬化検査で血管のしなやかさと血管の詰まり具合がわかります。

baPWV(血管年齢)
心臓から押し出された血液により生じた拍動が、血管を通じて手や足に届くまでの速度を測ることで「血管年齢」がわかります。血管のしなやかさが失われると、baPWV(血管年齢)が高くなります。

ABI(血管の詰まり具合)
足首と上腕の血圧の比を測定することで「血管の詰まり具合」がわかります。
足の血管が詰まっていると血流がわるくなり、ABIは低下します。

超音波検査

只今準備中です。